営業事務の平均的な給料

営業事務の平均的な給料

どのような仕事をするにしても、やはり気になるのは給料の額です。
では営業事務の年収や月収の平均額はどの程度になるのでしょうか?
極端に安いとモチベーションにも関わってきますね。

このページでは営業事務職の平均的な給料についてまとめています。

営業事務スタッフの平均年収は約280万円

営業事務職員の平均的な年収は、調査により約280万円前後となっています。
月給にすると約20万円。
これは平均額なので未経験者や新卒の方はこの金額よりも給料が安くなる可能性大です。

初任給としては20代の方の平均月収が約15~22万円となっているため、約15万円から基本給が始まるケースも考えられます。
長く仕事を続け、キャリアを積み上げる事で基本給やボーナス額もアップしていく傾向があるため、出来るだけ長く勤務する方が得策です。

ただ、どれだけ頑張っても給与額が上がらない企業がある事も事実。
30代、40代とベテラン事務スタッフであるにも関わらず平均給料額(約280万円)に全く届かない場合は、企業の側に何らかの問題がある可能性が高いです。

長く働けば働くほど給与が上がるのが一般的ではあるのですが、会社によっては5年働いてもほぼ昇給が無いなど会社側に問題がありそうなケースも。
我慢して仕事を続けても、会社のトップが「利益を社員に還元したくない」と考えている会社があるのも悲しいですが本当の事です。

何年も働き、事務職員としてきちんと仕事が出来るにも関わらずお給料がほとんど上がらない企業には、見切りをつけた方が良いかもしれません。
転職先が多くあり年齢的にも求人が多い状況であれば転職を考える方が良い事もあります。

今よりももっと高い給与を狙うには?

女性の転職先として、営業事務はスキルアップ、キャリアアップの可能性もあり好ましいと言えます。
PCスキルや基本的なビジネスマナー、コミュニケーション能力を磨いた後は日商簿記やMOS検定、ワープロ検定などの資格を取得する事で仕事の幅が広がりますし、さらに給料の良い職場に転職する事も出来ます。

営業事務の仕事だけではなく、さらに専門性の高い秘書や経理事務に転職すると給与が上がる可能性も。
今の手取り額に全く納得が出来ない場合は他の企業に転職する道もあります。

今よりも高い給与を望む場合は、資格を取得して今よりも専門性の高い仕事をする意欲と行動力が必要です。
他にも大企業の営業事務職では年収が約350~400万円になるケースもあるため、大企業への転職も収入アップの確実な道になります。

大企業への転職はかなりハードルが高いため簡単にはいかない面もありますが、収入アップを本気で考えるならより大企業は狙い目です。

  • 1