営業事務の求人

事務職は転職したい女性にとって人気が高い職種です。
人気の秘密はPCや電話対応などのスキルが生かせる事、力仕事ではない事、職場の方々への気配りなど女性らしさが生かせる事などです。

事務職の中でも、特に求人が多いのが営業事務の求人。
基本的なPC操作やコミュニケーション能力があれば未経験者でもチャレンジ出来る仕事です。
このページでは営業事務の仕事内容や求人傾向についてまとめています。

営業事務の仕事内容について

営業事務はその名の通り営業部門で営業に関わる事務全般を任されるお仕事
下記の通り幅広く対応しています。

主な業務内容

・商品の発注やその確認
・返品などの他
・売り上げ管理
・請求書や見積書作成
・入金管理、備品管理
・在庫管理、顧客管理
・クレーム対応
・社内で必要な文書の作成
・来客者対応
・電話対応

電話対応や来客者対応、社内に必要な文書作成は一般事務でも対応しますが、営業となると売上げ管理や商品出荷、入金管理など会社の売り上げに直接影響する業務を担当します。
どの会社も売り上げがなければ経営出来ませんので、営業事務は各会社に必須の部門。
そのため女性向けの求人数が多いのも事実です。

営業事務は一般事務に比べて他社の営業や顧客とのつながりが密になるため、より高いコミュニケーション能力やビジネスマナーが必要になります。
基本的に未経験者でも仕事は出来ますが、基本的なPC操作やビジネスマナーを身に付けている方が採用には有利。
クレーム処理などには臨機応変な対応が求められます。

将来性ある営業事務

営業事務はPCを使った営業資料の作成や売上金管理、見積書や請求書の作成など多くの事務を担当します。
売上金管理ではエクセルのグラフや関数を使い、分かりやすく正確な資料作成能力が必要です。

けれど、これらスキルを磨く事で営業事務を極める事も可能ですし、売上金管理や売上げ伝票作成の勉強から経理(簿記)部門の事務担当者へキャリアアップする事も出来ます。
身に付けたPCスキルやビジネスマナーで秘書として活躍する事も十分可能ですね。

単なる営業事務だけに留まらず、将来は経理部門や秘書など事務職に関する他の仕事へ広げていけるチャンスがあると言えるでしょう。

営業事務の求人情報

営業事務の求人数が多く、未経験者歓迎の求人も多数あるためやる気があれば誰でも仕事が出来る状況です。
未経験者歓迎の職場は教育体制が整っているケースが多く、何もわからなくても一から指導してくれる職場なら安心です。

求人は多めですが、地方、とくに過疎地域になると事務職自体の求人数が少なくなります。
この場合、一般事務と営業事務、さらに社長秘書まで兼業するような事務職もありますよ。

営業事務の具体的な仕事内容とは

営業事務の具体的な仕事内容とは一体どのようなものなのでしょうか?
女性の転職で人気の高い営業事務の仕事の流れについてまとめています。

営業事務職の仕事内容

営業事務と一般事務との違いは、営業事務の方がより会社の売上げ、業績向上のために積極的に関わる点にあります。
一般事務は社内の書類を作成したり、会社にかかってきた電話の取次ぎ、社内の備品整理、買い出しなど社内の幅広い部署の仕事を担当しますが、営業事務は会社の業績アップのための業務に特化しているのが特徴です。

営業事務はあくまでも営業担当者のサポート役
営業担当者が気持ちよく仕事が出来るように、営業に必要な書類や資料は事務職員が用意します。
見積書や会社の資料、商談に必要な書類を揃えるのはもちろん、営業職員の名刺発注や営業職員への電話連絡、職員のスケジュール管理、商談がまとまれば商品の発注や材料の手配、下請けへの発注、在庫管理、材料管理などとても多くの業務を担っています。

商品やサービスの提供に関わる事務手続きはもちろん、請求書発行や売上管理、入金確認、営業職員に渡した出張費や交際費の精算などお金の管理も必須です。
時には営業職員に代わって集金や支払いに出向く事(社外業務)もあります。
外部の業者や顧客とお付き合いする事が増えるため、フットワークの軽い方の方が向いていると言えるでしょう。

さらに営業職員が帰社するとお茶出しをしたり、来客者対応、電話対応(クレーム対応)なども任されているため、単純にPC操作が上手であれば出来るという仕事ではありません。
PCスキル・コミュニケーション力・柔軟性・管理能力などが必要とされます。

営業事務に必要な資格は?

営業事務は「初心者歓迎」を謳い求人募集する会社もあるほどなので、特に必須の資格はありません。
ただMOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャル)検定はPCの操作スキルを客観的に評価してくれる資格なので、転職や就職には有利です。

ほかにも秘書検定ビジネス実務マナー検定日商簿記などの資格を取得しておくと「きちんと実務が出来る人材」と評価され、採用率が上がったり採用後の給与が割増されるなどのメリットがあるかもしれません。
とくに日商簿記の資格があると経理の仕事を任せられる人材として重宝されます。

営業事務や一般事務などの場合国家資格は必要ないため、どちらかと言うと「経験」の方が重視される傾向にあります。
もちろん資格は取得しておいて損はありませんが、同じような資格を保持しているライバルがいた場合、やはり採用側はより経験豊富でキャリアの長い人を採用したい傾向にあります。

ただし中には「英会話が出来た方が良い」「若い人が良い」などの条件があれば採用の基準が変わってきます。